京都 伏見稲荷大社 権殿

  • 公開日: 2019-02-18 11:26

京都 伏見稲荷大社 権殿

伏見稲荷大社本殿の裏(奥)にある権殿です。

本殿は人が多くて撮影がしづらかったので、裏手に回ったところ、権殿があるのを見つけました。

本殿を抜けてすぐ目に入るので気づかない人はいないと思いますが、大社マップにも載っていないせいか、注意深く見ていく人は少ないように感じました。

ちなみに、権殿(ごんでん・かりどの)は、本殿が修理される際などに御祭神を一時的に遷す仮殿のことです。

参考

写真のダウンロード

この写真は、「写真AC」からダウンロードできます。

ダウンロードしたい方は、下記のボタンをクリックして「写真AC」の掲載ページにアクセスしてください。

「京都 伏見稲荷大社 権殿」をダウンロード

この写真のライセンス

この写真は、「写真AC」の利用規約にもとづいて使用することができます。

詳しくは、以下のURLを参照してください。

利用規約|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

伏見稲荷大社とは?

伏見稲荷大社は、全国に3万社以上あると言われる稲荷神社の総本宮(総本社)です。

「お稲荷さん」と親しみをこめて呼ばれることもありますね。

狛犬ではなく、狐の像があることから、お稲荷さん=狐という風に思っている方もいるかもしれません。

しかし、伏見稲荷大社のホームページによると、そうではないようです。

問 「お稲荷さん」ときつねの関係は?

答 「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます。 勿論「稲荷大神様」はきつねではありません。

よくあるご質問|伏見稲荷大社とは|伏見稲荷大社

撮影データ

項目 データ
撮影者 N
撮影日 2018年10月29日
撮影場所 京都 伏見稲荷大社
機材 Panasonic DMC-GX7MK2
解像度 3448x4592

この写真をシェアしよう!

この写真の関連画像

画質はカメラまかせ!ただのカメラ好きによるフリー写真素材集です。個人・法人問わず、商用利用も可能です。

利用規約

その他