南禅寺法堂

  • 公開日: 2018-10-23 18:51

南禅寺法堂

京都南禅寺の法堂です。

法堂と書いて「はっとう」と読みます。

法堂は法要などが行われる場所で、南禅寺の中心的存在です。

法堂は、法式行事や公式の法要が行われる場所であり、南禅寺の中心となる建物です。

臨済宗大本山 南禅寺 | 南禅寺境内 | 法堂

写真のダウンロード

この写真をダウンロードしたい方は、下のボタンをクリックしてください。

この写真をダウンロード

※クリックするとMediaFire(オンラインストレージサービス)へ移動します。

MediaFireからのダウンロード方法

MediaFireのダウンロードボタン

移動先のページ右上の黄緑色の「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ダウンロードできます。

この写真のライセンス

この写真のライセンスは、Creative Commons — CC0 1.0 です。

CC0
To the extent possible under law, N / niiyan has waived all copyright and related or neighboring rights to this work. This work is published from: Japan.

法堂とは?

仏教寺院において僧侶が講義する建物を指します。

主に禅宗の寺院で用いられる呼び名で、その他の宗派では講堂と呼ばれます。

参考

南禅寺法堂

南禅寺法堂は、応仁の乱、文明の乱、さらには1893年(明治26年)の火災でも消失しました。

現在の法堂は明治42年(1909)に再建されたものです。

参考

撮影データ

項目 データ
撮影者 N
撮影日 2018年9月26日
撮影場所 京都・南禅寺法堂
機材 Panasonic DMC-GX7MK2
解像度 4592x3448

この写真をシェアしよう!

この写真の関連画像

画質はカメラまかせ!ただのカメラ好きによるフリー写真素材集です。個人・法人問わず、商用利用も可能です。

利用規約

その他