京都 伏見稲荷大社 楼門

  • 公開日: 2019-04-03 11:30

京都 伏見稲荷大社 楼門

伏見稲荷大社の楼門から本殿を見やるようなアングルで撮影しました。

楼門は本殿の手前にある大きな門です。

この写真には写っていませんが、門の前には狛犬の代わりに狐の像が二体配置されています。

伏見稲荷大社 楼門 文化遺産オンライン」の写真を見ると、その様子がわかると思います。

ただし、この日は天気が良くなくて、しかも、このときはまだ望遠レンズも持っていなかったため、うまく撮影できませんでした。

次に訪れる際は、狐の像も含め、もっといろんな角度から撮影してみたいと思います。

ちなみに、「楼門」というのは社寺の入り口にある二階建ての門のことを指すそうです。

社寺の入口にある二階造の門。最近は下層に屋根のないものを楼門といい,屋根のあるものを二重門といって区別している。

楼門(ろうもん)とは - コトバンク

参考

写真のダウンロード

この写真は、「写真AC」からダウンロードできます。

ダウンロードしたい方は、下記のボタンをクリックして「写真AC」の掲載ページにアクセスしてください。

「京都 伏見稲荷大社 楼門」をダウンロード

この写真のライセンス

この写真は、「写真AC」の利用規約にもとづいて使用することができます。

詳しくは、以下のURLを参照してください。

利用規約|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

伏見稲荷大社とは?

伏見稲荷大社は、全国に3万社以上あると言われる稲荷神社の総本宮(総本社)です。

「お稲荷さん」と親しみをこめて呼ばれることもありますね。

狛犬ではなく、狐の像があることから、お稲荷さん=狐という風に思っている方もいるかもしれません。

しかし、伏見稲荷大社のホームページによると、そうではないようです。

問 「お稲荷さん」ときつねの関係は?

答 「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます。 勿論「稲荷大神様」はきつねではありません。

よくあるご質問|伏見稲荷大社とは|伏見稲荷大社

撮影データ

項目 データ
撮影者 N
撮影日 2018年10月29日
撮影場所 京都 伏見稲荷大社
機材 Panasonic DMC-GX7MK2
解像度 4592x3448

この写真をシェアしよう!

この写真の関連画像

画質はカメラまかせ!ただのカメラ好きによるフリー写真素材集です。個人・法人問わず、商用利用も可能です。

利用規約

その他